礼拝メッセージ

 『イエス様が私たちに求められている信仰』  
    マルコによる福音書4章35節~41節


  この聖書の箇所は、イエス様とその弟子たちが舟で向こう岸
  までわたっている間に起こった出来事が書かれています。
  舟でわたっている途中、突然の嵐に遭遇してしまい、慌て、
  不安になる弟子たち。イエス様はというと・・・そのような中で
  静かに眠っておられました。
  弟子たちはそんなイエス様に「わたしたちがおぼれても
  かまわないのですか!」(38節)と抗議とも非難ともいえる
  言葉を投げかけたのです。
  イエス様は起き上がり、嵐を静めて、弟子たちにこう言われ
  ました。
  「なぜ、怖がるのか。まだ、信じないのか。」(40節)


  私たちの人生は、この舟のように、思いがけない問題や困難、
  想定外の出来事に遭遇することがあります。まさしく、嵐に
  見舞われるような時、人間は弟子たちと同じ、慌て、不安で
  いっぱいになる弱い存在です。

  弟子たちが、嵐の中で平安をなくし、心を騒がせていた時、
  そばには一緒にイエス様がおられました。私たちが嵐の中に
  ある時も、イエス様は静かに私たちといっしょにおられて、
  「落ち着きなさい。わたしがそばにいる。慌てるな。」と語って
  おられます。


  あなたが悲しい時も、痛むときも、希望を見失うようなときも、
  どのような嵐の中にあっても、あなたのうちに共にいて、
  ひとりでは持ちきれないつらさを担って下さっています。
  人生の中の危険も安全もイエス様とともにあるのです。


  あなたの生活の中の困難や問題のために、祈りましょう。
  常に祈りましょう。嵐は静まり、神さまからの平安が
  あなたに与えられます。
  「わたしは、平和をあなたがたに残し、わたしの平和を
  与える。心を騒がせるな。おびえるな。」
ヨハネ:14章27節)


  さて、この舟出は、イエス様の言葉によって、出発しました。
  イエス様にはこの嵐は想定内の出来事だったのでしょう。
  弟子たちは、イエス様の言葉に信頼し、舟をだしました。
  そして、嵐に遭遇しながらも、ちゃんと向こう岸に着くことが
  出来たのです。

  神さまの言葉を信頼し、固く立って踏む出す時、どのような
  事が起きても、神さまの守りの中で行き着くことが出来ます。
  祈りの中で、神さまの答えが示されたなら、信じて
  踏み出して行きましょう。
  あなたの信仰による舟出は、神さまの保障付きです
  
  
  
  

  
  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック