礼拝メッセージ

 『賛美の恵み、賛美の祝福』               
         歴代誌上16章


  神さまの契約の箱。それは、イスラエルの
  人々にとって、とても重要で大切なものでした。
  この時、契約の箱の中には石版の十戒が入っていました。
  
  ペリシテ人に一度は盗まれた契約の箱ですが、
  後にイスラエルに戻ってきます。
  ダビデの時代、長い年月を経て、イスラエルの天幕に
  契約の箱が戻ってきたことに感謝して、人々は神さまに
  賛美をささげました。

  神さまを崇め、賛美をささげる 
  イスラエルの人々にとってそれは、先祖代々受け継がれた、
  人々の生活に欠かせない祝福とされていました。

 
  さて、私たちの日々の歩みを振り返ってみましょう。
  神さまを賛美することは、自分に良いことがあったから、
  嬉しいから、いい気分だから・・・といった自分本位の
  理由ではなく、むしろ、私の今の状態がどうであっても
  神さまは崇められ、賛美されるべきお方なのです。
  自分の感情や状況に左右されるのでなく、どんな場合
  でも神さまを見上げ、神さまに賛美をささげるとき、
  私たちは神さまの臨在を感じることができ、心を束縛
  するものから解放されます。

  
  あなたがどのような困難の中にあっても、神さまを崇め、
  賛美していく時、その問題に具体的な解決がなされて
  いくでしょう。
  神さまを喜び、感謝と賛美をささげていきましょう。
  それは、あなたの祝福、恵み、力に繋がっています。


  「賛美のいけにえ、すなわち御名をたたえる唇の実を
  絶えず神にささげましょう。」 (ヘブライ人への手紙13章15節)
  


  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック