今週のメッセージ

 『父ダビデのように』

         Ⅰ列王記3章10節~15節



  ダビデ王の子ソロモンは、ダビデの後継者として王位に就きました。

  神さまはソロモンに「何事でも願うがよい。あなたに与えよう。」と言わ

れます。するとソロモンは、自分のための長寿や富を求めず、また

敵の命でもなく、ただ王として必要な知恵を願いました。

  神さまは、このソロモンの願いを喜び、

  「もし、あなたがちちダビデの歩んだように、

わたしの掟と戒めを守って、わたしの道を歩むなら・・・」


(14節)とソロモンに祝福を約束されたのです。

  ソロモンの父ダビデの生涯には、人間的な過ちや失敗もいろいろ

ありました。しかし、ダビデの生涯は神さまに喜ばれ、認められる

ものでした。



  神さまに認められる歩みとは、「わたしの

掟と戒めを守って、 わたしの道を


歩む」


14節にあるように、神さまのみ言葉とその教えを忠実に

  守る歩みです。


  ダビデはこのみ言葉どうり神さまの前に忠実な歩みをを続けました。

  その子ソロモンも、父ダビデの姿を見て育ち、

  自分も父のように歩もうと思わされたのでしょう。


  わたしたちにも神さまは、「もし、わたしの戒めと掟を守って,

わたしの道を
 歩むなら・・・」

と問われています。

  もし・・・ダビデのように、み言葉の教えに忠実な者として歩むなら、神さまは

  祝福を約束してくださっています。


  あなたは、神さまの期待に応えられますか?

  

  

  

  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年06月22日 18:53
初めまして!
遊びに来ました!
これからヨロシクお願いしま~す

この記事へのトラックバック