明日のメッセージは・・・

先日は大学生キャンプがあって出かけてきました。
参加者は少人数でしたが、とっても恵まれ、神様から力をいただいたキャンプでした。
今のままの姿で、神様に従っていけばいいんだ!
みんな力づけられて、それぞれの生活に戻っていったと信じます。


明日のメッセージは・・・
「自覚は出来ていますか」 聖書)コリントの信徒への手紙一 6章19~20節

パウロがコリントの教会のさまざまな問題に対して手紙を宛てている。

6章は、遊女との関係を懸念している。
食物も腹も、永遠のものではない。
遊女も体も、この世限りのものであるから、魂には関わりがないと当時のコリントの人たちは思っていたようだ。

パウロは、それを一喝する。
「主に結びつく者は、主の霊とひとつなんだ!」
魂と体は別とするコリントの人々に対してこう語った。

そこから進めて、パウロはさらにこう語る。

「知らないのですか?!
あなたがたの体は、神からいただいた聖霊が宿ってくださる神殿であり、
あなたがたはもはや自分自身のものではないのです!
あなたがたは、代価を払って買い取られたのです!
だから、、、自分の体で神の栄光を現しなさい」


ここで、はっきりと聖霊の存在を表したパウロ。
神の霊である聖霊が、私たちの体に宿ってくださる・・・それはまさに神殿。
旧約時代、人々が神殿をどれほど大事にしていたかを思い起こされる。

“神が住むところ”
それが、私たちの体である。
だからこそ、神の栄光をこの体で現すのである。

パウロは強くそう語った。


体を傷つけるということは、同時に心を傷つけることになる・・。
そう思います。
同じように心の傷も、体の傷につながっているのかもしれません。
神様は、私たちの心を見られますが、
それは、私たちの心だけを愛しているということではないのです。
神様は、私たちの心も体も愛しておられるのです。

その証拠に、手を自分の胸に当ててみてください。
鼓動が聞こえるでしょ?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 9月7日メッセージ「自覚は出来ていますか」

    Excerpt: 9月11日・・・何の日だっけ?? と考えていて、思い出しました! 今日は、9.11アメリカの同時多発テロがあった日です。 あれから何年たったでしょうか? Weblog: AG姫路キリスト教会ブログ racked: 2008-09-11 11:39