8月31日メッセージ「勝利は誰のもの」

今日は、どのチャンネルをまわしても、福田総理一色!!
突然の辞任表明に、日本中が驚きました~。
テレビの話題は、もうその次の総理に向いていましたね・・(笑)



今週のメッセージは・・・
聖書)詩篇149編から語られました。
(先日の『明日のメッセージは・・』では、間違った箇所だったので削除しました。ごめんなさい<(_ _)>)

詩篇146~150編は賛美の歌である。
この中で、149編は“信仰による勝利の歌”である。
私たちは、この勝利を獲得する者となっていきたい。

ネヘミヤ書を見ていくとき、この歌の背景がわかる。
他民族からの圧制、武器を持ちながらの城壁再建作業・・・。
そんな辛い中を通って、完成された城壁を、民は涙を流して喜んだのである。

彼らの歌は、「ハレルヤ!」から始まる。
主をほめたたえよ!と喜びの声をもって主に賛美をささげるのである。
主に贖われた者たちには、この「ハレルヤ」と賛美する恵みが与えられている。
それだけでなく、主はご自分の民を喜び愛し、救いを与えられた・・・。
そして、勝利も・・。

「口には神をあがめる歌があり、手には両刃の剣を持つ。」

彼らは戦いの中にあっても、
口には神様をあがめる賛美、喜びが満ちており、手にはどんなものにも太刀打ちできる神の言葉があった。

口には賛美、手には神の言葉・・・これが神にあって勝利を得ることである。
戦いの中にあっても、どのような状況に私たちがあっても、
口に賛美、手に神の言葉を持つものには、
すでに主の勝利が与えられているのである。

だから、
「救いを兜としてかぶり、霊の剣、すなわち神の言葉を取りなさい」

そうすれば、勝利は主によって私たちに与えられるのである。


福田総理の顔を今日は何度見たでしょう・・?
そして、「次は誰が?」という言葉を何度聞いたでしょう?
「まぁ、誰がなっても一緒じゃない?」という人もいます。
けど、私がなるよりは、ブラウン管に映る人たちがなる方がマシでしょう(笑)

学生時代、クラスで「学級長はこうでなくちゃ・・」とうんちくを語っていた人がいました。
その人は、まぁ自分がなることなんて何にも考えていなかったのでしょう。
「そんなに言うんやったら、あんたがやればいいやん!」と言われた瞬間に、
「え・・・・できんできん!」と、一瞬面食らった顔をしてから、こう答えていました。

確かに当の本人より、周りの人の方がよくわかるということがあります。
けど、「言うは易く、行うは難し」です。
今、自分自身の口に、手に何があるでしょうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック