8月17日メッセージ「イエスさまは望みです。生命です」

今週は、教区の中高生キャンプに出かけてきました。
若いパワーに、ノリノリの賛美・・・・
初めは正直ついていけるかな・・・と思いましたが、
年齢を感じつつも、かなりついていけました!(笑)
本当に楽しいキャンプでした。



遅くなりました<(_ _)>
今週のメッセージは・・・
聖書)マタイによる福音書12章15~21節から語られました。
(聖書内容は→こちら

聖書をゆっくりとじっくりと読むなら、主の語りかけも聞こえてくる。
この箇所は、何を私たちに語っているだろうか?

1.大事なのは、イエス様とつながること
イエスさまは、なぜ戒められたのか?
それは、人々が癒しという奇跡だけで終わってしまい、奇跡だけを求めていたため・・・。
イエス様は、奇跡にではなく、ご自身をつがなることを願っておられたのである。

2.神に選ばれた者であると告白すること
イエスさまは、ご自身を「神に選ばれた者」と自己紹介した。
私たちも、イエス様に倣い、主に救われ恵みを受けているものであることを告白するものとなっていきたい。

3.キリストに生きること
イエスさまは、自己紹介された後、ご自分の働きを知らせた。
それは、審判であると同時に、イエス様の愛を示すことであった。
「彼は傷ついた葦を折らず、くすぶる灯心を消さない」とあるように、
イエス様は、傷ついた心、冷えた心を見捨てずに回復してくださるお方である。
だからこそ、私たちは、このイエス・キリストに生きるのである。

私たちは、真の礼拝ができているだろうか?
また、み言葉を聞いているだろうか?
そうするところに、イエス様と共に歩むすばらしい生きた道があるのである。



今回のキャンプは、若い人たちによるキャンプ・・・それが印象深く残りました。
神様を賛美するのに形なんてない!
神様をほめたたえるのに格好なんてない!
神様を表す方法なんて、いくらでもある!!
そう思いました。
心から喜んでジャンプしたりダンスしたり、神様への気持ちを伝えたくって叫んでみたり、
言葉こそ、若者チックだけど、神様へのあふれる思いを自分たちの口と体で表現する姿に、
主の臨在を感じました。

主と共に歩む姿は、どんな姿であっても、主をあらわしているのだと実感させられました。
若者は若者らしくていい。婦人は婦人なりの、壮年は壮年なりの、
というか、そんな枠なんて超えて、自分らしくっていいんです。
その姿が真の礼拝であるなら、あなたの姿はキリストの光を放っている!
キリストの光が輝き出ているのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック