8月10日メッセージ「わたしに従いなさい」

北京オリンピック、皆さんは楽しんでますか?
メダル獲得数も増え、なかなか面白くなってきました。
たとえ、メダルに届かなかったとしても、
各選手のスポーツというドラマは、私たちの心をつかみますね。
がんばれ!!ニッポン!!


今週のメッセージは・・・
聖書)ルカによる福音書9章18~25節から語られました。
(聖書内容は→こちら

イエス様の言われることは、弟子たちに難しかったかもしれない。
特に、
「自分を捨て、日々自分の十字架を負って、わたしに従いなさい」という語りかけを、
弟子たちはどんな風に受け止めていたのだろうか?

イエス様の言われた「わたしに従いなさい」は、
自分を捨ててから、自分の十字架を負って、それから従ってくるように・・・ということではなかった。
イエス様に従うということは、
自分を捨てること、そして自分の十字架を負うことである。

従う=自分を捨て、自分の十字架を負うことなのだ。

自分を捨てるというのは、
自分を無にするということではなく、
物事を自分の概念でなく、イエス様を通してみること。
すべてをイエス様にお任せするということである。
また、自分の十字架を負うということは、
イエス様の十字架を掲げることである。
それには、イエス様の十字架の痛みを受けるという犠牲が伴うことでもある。

イエス様に従うということは、
私たちの力でできるとか、できないとかという問題ではない。
私たち自身を、キリストにおくことである。
私たち自身がキリストにある状態・・・それが、従うこと。
だから、私たちに何ができるか?ではなくて、私たちがどうあるべきか?が重要なのだ。

イエス様に従うためにはどうすればいいのか?
それは、イエス様の弟子たちに対する質問をいつも持ち続けることである。
「あなたはわたしを何者だと思うのか?」
この問いかけに対して、
わたしたちはいつも、
「あなたは神の子キリストです。私たちの救い主です」と告白していこうではないか。


水泳の北島選手が、金メダル2つ目を獲得してくれました。パチパチ!!
王者の風格を見せる彼ですが、
アテネからの4年間、さまざまな挫折を経験したようです。

自分が今どんな状態にあるのか?
自分がいい位置にいる場合は、この問いをすることは簡単です。
しかし、自分がどん底にいるときには、考えたくもないこと・・・。
わざわざ確認したくないことかもしれません。
しかし、今の自分を確認しなければ、前進はできないのです。

だから、自分が今どこにいるのか?どういう状態なのか?を問い続けることが大事だと思います。
そして、その自分を受け止め、認めていくなら、
たとえ今がどん底に感じていたとしても、もう明日への一歩を踏み出しているのだと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック