6月15日メッセージ「真の礼拝者であれ」

災害がいろんなところで起きました。
そして、その被災活動が現在も各地でなされています。
暑い夏が来る前に、できるだけ活動が進められるようにと祈るばかりです。


今週のメッセージは・・・
聖書)ヨハネによる福音書4章7~26節から語られました。
(聖書内容は→こちら

神を信じ、贖われた者は、神を礼拝する者とさせられている。
このサマリヤの女にも、イエス様はそのことを示された。

イエス様が語られた真の礼拝とは、霊と真理をもって礼拝することである。
それは、形式や伝統にとらわれるものではなく、
心から神様を礼拝することであった。

真の礼拝者は、
1.神を崇拝する(worship)

崇拝とは、心からあがめ敬うことである。
それは、わたしたちがへりくだり、神の前にわたしたちをささげて礼拝することである。
神は、その礼拝を喜び、また礼拝する私たちを受け入れてくださるのである。

2.神に仕える、奉仕する(servise、ministry)
神を真に礼拝する者は、神に仕え、奉仕するのである。
このように、神に仕え、奉仕する者には、主の御言葉が心のうちに染み込んでゆく。

3.神をほめたたえる(hallelujah)
神に感謝をもって、神をほめたたえる者は、真の礼拝者である。
わたしたちは、いつも主からの大きな恵みを受けていることを忘れてはならない。
主がいつも共におられ、わたしたちに恵みを与えてくださっていることを喜び、
神に「ハレルヤ!」と叫び、感謝する者となろう。


昨日は父の日でした。
皆さんは、お父さんに「ありがとう」と言えたでしょうか?
なかなか言えなかったりしますよね(笑)

わたしたちには、もう一人、
天におられるお父さんがいます。
このお父さんは、私たちにとってビックダディーです。
大きな存在であり、大きな憐れみによって、わたしたちを大きな愛で愛してくださる。
何をも惜しまずにわたしたちに与えてくださる天のお父さんに、
わたしたちも、愛をこめて「ありがとう!」といつも言いたいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック